12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-01-31 (Thu)
昨日の夜は久しぶりに母もカプラ作りに参加しました。

といっても200ピースしかないのでとりあいです。

まずは三男の作品

タワー


細いカプラをよく積み上げました。

次は次男の作品

らせん付きタワー


てっぺんに大好きな?らせん階段を作ってます。

最後は母

母6


やっぱりカプラで橋を作らなきゃということで。

写真を撮り終わった途端「壊してええ?」
   カラカラ カシャーン 

見ていたパパが「儚いのぉ。」ってしみじみ。



なんか悩みある?



ちなみに長男はこの時何故かプラレールに夢中。
作品はこちら↓

カプラ 027



やってる場合か!!




スポンサーサイト
| カプラ&プラレール&レゴブロック | COM(4) | TB(0) |
2008-01-29 (Tue)
実は母には疑問があった。

ところで長男て本当に受験するのだろうか。
するのならば一体どの学校を受験するのだ?
だってここで通える私立校は2校しかなくて、しかも全然有名でもなんでもないし、
片方は最近中高一貫とかなったばかりでそれまで私の知る限り評判いまいちだったし・・・。
そんな受験勉強しなくても入れそうな感じなのになんでみんな塾行って受験なんてするんだろう?

わからん!

わからんことは聞きに行くべし。
ご近所の先輩ママに聞きに伺った。(もちろんこちらも受験生)

「あの・・皆さんどこの学校を受けられるのですか?」
「そりゃもちろん有名校を受験してるよ。」
「えっ?じゃぁ受かったらどうするんですか。寮に入るんですか?」
「寮に入る子もいるけど少数ね。まだ中学生だからね。」
「そりゃそうですよね。それでどうなるんですか?」
「そういう子供達が2つのうちのどっちかに行くのよ。だからどちらもトップ層はすごいのよ。
特にK校の方は進学校にしたいのか先生達の気合いがすごいらしいよ。高校生の方では全国模試でトップ10に入る子も個人的にいるらしいし。」

な、なんとーーーーーーー

知らなかった。そんな世界になってたなんて!!
なんて無知だったのかーーー。

「最近は入るのも難しくなってきてるみたいよ。長男君も塾入れたほうがいいよ。」

「・・・・・ありがとうございます。・・・よく相談します。・・・」

しばらく母はショックで動けなかった。





 
| 我が家のお受験奮闘記 | COM(6) | TB(0) |
2008-01-28 (Mon)
自学で「四谷大塚」予習シリーズをがんばることにした長男。
算数は好きだったこともありわりと機嫌よくすすめているが、やっぱりきらいな国語はしたくない。

親子でバトルしながら少しずつがんばりました。

そんなある日学校から封書を持って帰ってきた。

「何それ。」
「今日クラスのAが配ってた。」

見るとそれはAが通っている塾のオープン模試のご案内。
しかも無料。
これは受けるしかないでしょう。

教材もそろった。少しずつ勉強もした。これは受けるしかないでしょう。

長男よ自分の実力を知って更なる目標を立てるのだ!!

いやぁ~タイミング良すぎ。これは運命か。


今日のお勧め


本当の学力をつける本―学校でできること 家庭でできること本当の学力をつける本―学校でできること 家庭でできること
(2002/03)
陰山 英男

商品詳細を見る


これは言わずと知れた陰山先生の本。
私の知り合いはこれを読んで子供の公文式をやめました。
各学年ごとの学習習熟度チェックや家庭での取り組み方、付けたい生活習慣などなど盛りだくさん。
少し古い(2002年)ですがまだまだ十分参考になると思います。
私も何度も読み直したくなるので(自分に)必需品です。
| 我が家のお受験奮闘記 | COM(0) | TB(0) |
2008-01-26 (Sat)
さて母が読書の秋にひたっている間も時はどんどん過ぎ、長男の国語問題はほったらかされていた。(-_-;)

そんなある日ネットでパパが見つけました!!
あの『四谷大塚』だぁ~。
こんな田舎では噂は聞いていたが関係ないと思っていた。
がっ!さすがネットの時代です。

早速予習シリーズ『算数、国語』を購入しました。
ページを開いて一言

「難しい・・・。」
「東京の子はこれをスイスイ解くのかなぁ。」

なんてむちゃくちゃ田舎くさいせりふをつぶやいてしまった母。・・悲しい

いやいや長男よ、君もがんばればきっと出来る!

だてに七田式教室に通ってたんじゃないんだ!

        ふわぁいと~~~



| 我が家のお受験奮闘記 | COM(4) | TB(0) |
2008-01-19 (Sat)
最近三男を中心として子供たちが遊んでいるのは私も好きな『カプラ』。
作品を紹介します。

長男作 なんだろう


長男の作品です。宮殿とかそのようなものらしいです。

次男作


次男の作品です。写真も。横に立ってるらせんのものがお気に入りです。

三男作


三男の作品です。今は横につなげていくのがお気に入りです。
船らしいです。

それぞれ作品に個性があって年齢差もあって楽しいです(^^)
| 子供の日常あれこれ | COM(4) | TB(0) |
2008-01-15 (Tue)
問題は国語だ。と悩んでいる時ふと思い出した。
『受験の神様』の中でも主人公が国語が弱くて友達がアドバイスする場面があった。

確か最近の流行りは「重松清だよ。」だったな。
早速図書館にアクセスした。

あった、あった、ありました。
『青い鳥』『くちぶえ番長』『五年生』などなど。ドラマに出ていた本よ。すぐに予約しましたわ。

ドラマの中では6年生の子達が読んでるとのことだったのだが長男はどうだろうか。
本読むのきらいだもんなぁ。

しばらくたって手元に本がやってきました。
母も読んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・グスッ泣けるじゃん。

ぐっと心をつかまれて、読むのが止まらない。止めれない。
一冊読み終わったらすぐに次だ。

涙もとまらない。感動の連続。



長男のことなどほったらかして「読書の秋」を過ごした母でした。

今日のお勧め

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る


母が泣いたのはこの本です。
自分の居場所を見失いかけた子供たちのために派遣される先生の物語。
感動します。

本読みきらいな長男ががんばって読めたのはこの本です。


くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)
(2007/06)
重松 清

商品詳細を見る


母は、自分の小学生時代を思い出しました。

どちらも感動、お勧めですよ。

| 我が家のお受験奮闘記 | COM(5) | TB(0) |
2008-01-13 (Sun)
時は9月中旬

俄かに「受験生の母」になった母と「受験生」になった長男。

・・・・・・・・・・・(。。;)

何をすればいいのかわからない。

とりあえず七田教材(理科・社会)をして算数と国語はどうしようかな。
などど考えていたらやっと思い出したパパが買っていた「力の5000題」シリーズ。

「これはすごいんだ。」とか言って買ってきて本棚に並べられていたもの。
やっと日の目を見たね。

しかし、ページをめくって無言になった。
「難しい。」

いきなり引きモードの親子。これで続くのか・・・。


「とりあえずやりやすいものからしようよ。」
とやはり七田の教材から入ることにした。やり方わかってるし。

算数は好きな教科なのでそれなりに理解があったみたいで「5000題」をやってみることにした。

問題は国語だった。どうしよう。
本屋さんに行って教材を探したりしたけどなにがいいのかわからない。

漢字はまぁ覚えてるようだけど読解力に乏しい長男。
学校のテストでも読解力のなさがわかるほど・・・情けない(--;)

国語なんとかしなきゃ。


今日のお勧め


力の5000題小学高学年算数力の5000題小学高学年算数
(2003/12)
不明

商品詳細を見る
| 我が家のお受験奮闘記 | COM(0) | TB(0) |
2008-01-10 (Thu)
久しぶり~
本当に久々~

ちょっとスランプみたいになってブログを書けなくなったのでずーっとお休みしてました。
ご訪問下さってた皆さん申し訳ありませんでした。

新しい年になってなんとなく復活したくなったのでまたはじめようかと。
題名のごとくのんぴりとやっていこうと思います(^^)

我が家の最近一番の変化は長男君の一言から。

「僕もしてみようかな~受験。」

へ?(゜゜;)  何をするって?  

言い出したのはあのドラマを見てから。そう『受験の神様』です。

だけど長男よ、こんないなかの地方都市、選べる学校もほとんどというより全くないようなところで一体どこを受験するんだ?

全く何を言ってんだか。

と、母は却下した。・・・が、「いや、まてよ。」といやらし~い思いがムクムク・・・
そうだ、つまりは勉強してもらえればいいわけで・・・

「わかった。できるかどうかはまだわからないけど一緒にがんばろうね。」

というわけで一応名ばかりの受験生誕生。

そして母はこれから目が点(゜゜)や、びっくり、お先真っ暗を経験するはめになるのです。


今日のお勧め


強育パズル1 たし算パズル たて、よこにたす! 初級編 (強く育て!シリーズ)強育パズル1 たし算パズル たて、よこにたす! 初級編 (強く育て!シリーズ)
(2004/07/20)
宮本 哲也

商品詳細を見る


長男はこのシリーズが好きで何度もしてます。
もっともはじめは簡単すぎるので難しいページを選んでコピーしてやってます。

数字をます目に入れて完成していくパズルですが(足し算パズルの場合)母もやってみると
「へ~そうなんだ。」などど発見もあって楽しみました。(もともとパズル好き)

子供と競争もしちゃいます。しかし忘れてはいけない!
「子供に勝ってはいけません。」と書いてある。



| 我が家のお受験奮闘記 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。