12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-03-20 (Tue)
昨日は卒業式だったので子供たちは早く帰ってきた。

昼食を食べ終わらないうちに1人遊びに来た。

カードをしたり、ゲームをしたり、ついでに今日のお勉強として

「合格パズル」をすることになった。

友達Tは初めてなので少し説明して見守った。

そんなこんなしていたら、「こんにちは~。」と言って、

友達MとHとNがどどっと入って来た。

「それ何~?」

「今流行りの『脳トレ』みたいなもの。する?」と私。

「するする~。」

というわけでそれぞれにコピーを渡して「がんばれ」と言う。

H:「え~これどうするの?(ちょっと説明)あ~なるほど、
   
   おばちゃん頭いいねぇ。」(へっ?そう?)

M:「難しいやん。こんなん勉強やん。ブツブツ・・」

N:「・・・」みんなをちらちら見ながらゲームをしてる。

T:「さっきのここの数字は絶対間違いない。(本当は違う)
   
   だからそこは消さなくていい!」(1つ違うと合わないよ)

H:「おばちゃんここは?あ~なるほど、わかった。」

M:「もうわからんけぇ。終わり!」とゲームへ・・

N:「何々、どんなん。教えて。」と参入。

T:「絶対これおかしい。」(こっちからやってみたら)

面白い。すごく性格が現れてる。

結局Hは全て解き終わり満足。

Mはそのままおしまい。

Nは家に持って帰った(Nはいつも家で母と勉強をしている)

Tはこだわり部分を消したことでやっと正解。

それぞれの性格をあらわにした「合格パズル」

恐るべし


えっ?うちの子?もちろん最後までいたしました。

なんたって母がずっと目の前にいたんですから、途中でやめたら・・


また来たらやらせようっと
   

   






スポンサーサイト
| 子供の日常あれこれ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。