FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-01-15 (Tue)
問題は国語だ。と悩んでいる時ふと思い出した。
『受験の神様』の中でも主人公が国語が弱くて友達がアドバイスする場面があった。

確か最近の流行りは「重松清だよ。」だったな。
早速図書館にアクセスした。

あった、あった、ありました。
『青い鳥』『くちぶえ番長』『五年生』などなど。ドラマに出ていた本よ。すぐに予約しましたわ。

ドラマの中では6年生の子達が読んでるとのことだったのだが長男はどうだろうか。
本読むのきらいだもんなぁ。

しばらくたって手元に本がやってきました。
母も読んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・グスッ泣けるじゃん。

ぐっと心をつかまれて、読むのが止まらない。止めれない。
一冊読み終わったらすぐに次だ。

涙もとまらない。感動の連続。



長男のことなどほったらかして「読書の秋」を過ごした母でした。

今日のお勧め

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る


母が泣いたのはこの本です。
自分の居場所を見失いかけた子供たちのために派遣される先生の物語。
感動します。

本読みきらいな長男ががんばって読めたのはこの本です。


くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)
(2007/06)
重松 清

商品詳細を見る


母は、自分の小学生時代を思い出しました。

どちらも感動、お勧めですよ。

スポンサーサイト
| 我が家のお受験奮闘記 | COM(5) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。